笹沢左保、木谷恭介、阿木慎太郎による文芸作品、新刊、ベストセラー作品、また平松陽一、三友祥実による実用図書をご紹介

これまでに出版された本の情報

2010年

7月
淡路人形浄瑠璃殺人事件

淡路人形浄瑠璃殺人事件
木谷 恭介 著

新薬開発の裏で起きた医師殺人事件。
現場近くの高級クラブで流れていただんじり唄の怪。

発売:7月7日
著者:木谷 恭介
定価:定価952円+税
体裁:新書判
ISBN978-4-930703-64-4 C0293 ¥952E

3月
飛騨高山祭り殺人事件

飛騨高山祭り殺人事件
木谷 恭介 著

特急『ひだ3号』で起きた密室殺人。
すべては30秒の死角から始まった。
老舗料亭の全国進出をめぐり、老経営者が謎の事故死。
そして高山祭の夜に起きた第2の殺人事件。
飛騨高山を舞台に繰り広げられる連続殺人に隠された旧家の愛憎とは…。

発売:3月19日
著者:木谷 恭介
定価:定価952円+税
体裁:新書判
ISBN978-4-930703-63-7 C0293 ¥952E

1月
北岳殺意の岩壁

北岳殺意の岩壁
梓 林太郎 著

落石事故に見せかけた連続殺人事件。
現場に残された血文字のダイイングメッセージ。
謎が謎を呼ぶ事件に山屋刑事・道原伝吉の推理が冴える!

発売:1月28日
著者:梓 林太郎
定価:定価952円+税
体裁:新書判
ISBN978-4-930703-62-0 C0293 ¥952E